J.A.K.A.M. / COUNTERPOINT RMX
KOKO-045 / CD/ 2,000yen (tax excluded)/ 2017.10.4 Release
【9/27水曜日 CROSSPOINT web shopにて先行発売!ご予約受付開始!】
一般発売10/4より一足早く、CROSSPOINT web shopでは発売を開始します。
また、こちらでのお買い上げで数種類のCROSSPOINTステッカーを特典でおつけします。
この機会に是非とも!
https://nxsshop.buyshop.jp/items/8281285

------------------------------

前作COUNTERPOINT X.Yから約2年、JUZU a.k.a. MOOCHYの別名義J.A.K.A.M.として怒濤の9ヶ月連続アナログリリースをした作品群が気鋭の プロデューサー達により解体/再構築された強力リミックスアルバムが急遽リリース!

セネガル、キューバ、トルコ、エジプトから、アイヌのトンコリ、三味線や箏など文化、民族を横断,縦断して録音された音源が最新のクラブミュージックとして蘇りました。 ベースミュージックからHOUSE、TECHNOなど世界を股にかけ爆音の現場で活動するクリエイター達だからこそ出来る世界クオリティー!

日本発の最新ワールド/クロスオーバーミュージックを是非ご堪能ください!

------------------------------

01. NILE | MAMABRAZIL RMX | 06:55
02. HOMELAND | TOMBO RMX | 05:24
03. EARTH DANCE | CITY1 RMX | 05:44
04. SHADOW DANCE | CHIDA RMX | 06:31
05. SUFI| PART2STYLE RMX | 04:20
06. IXTLAN | DO SHOCK BOOZE RMX | 06:48
07. PRAY | YO.AN RMX | 07:59
08. EARTH DANCE | SAIDRUM RMX | 06:07
09. INTERNAL VISION | CMT RMX | 07:10
10. SALAAM | J.A.K.A.M. RMX | 06:01
11. LIGHT | GROUND RMX | 07:53
12. NEW DAY | MACKA-CHIN RMX | 05:44
13. NIGHT SAIL | MEVIUS RMX | 05:24

------------------------------

Design : Yuuki Ikegami
Mastering : Hiroshi Shiota (Tokyo Rokuon)
Recorded, arranged & produced by
JUZU a.k.a. MOOCHY

Mamazu (Mamazu+Hobobrazil = MamaBrazil) |
01. NILE MAMABRAZIL RMX
Mamazu started to DJ since middle of the 90’. He is a part of label called “Hole and Holland” which is established by people from Tokyo. His dj style has inspired a lot by diversity of sounds, people, and atmosphere at Club Aoyama MIX (closed) at the beginning of his dj life. He plays music with his own senses with an established reputation from people a bars, big clubs and outdoor festival in Japan. In making music, he provided some songs to Skateboard DVDs. In 2011, Hole and Holland released compilation album “RIDE MUSIC”, and Mamazu made the song “ANTENA” for this and it was played a lot by japanese famous djs. In 2012, This song was released as 12inch Vinyl.In 2013, He released his own MIX CD “BREATH” for the first time. After that, He also provided his own MIX CD for clothing brand “SON OF THE CHEESE” and “JOURNAL STANDARD”.Moreover, He has another group “DELTA THREE” (with COGEE and SUNGA from BLACKSHEEP)for the LIVE show. He took charge of SYNTH and Sound Effect. They provided songs to 2 compilation albums. In 2017, He made remix with HOBO BRAZIL for “COUNTER POINT REMIX” released by J.A.K.A.M aka Moochy. This song “NILE” was introduced on the radio show called “RINSE FRANCE”. Recently, He is getting known by people all over the world.Also, He is working as a graphic designer too.

HOLE AND HOLLAND所属。90年代中期頃からDJとして活動を始める。今は無きclub青山MIXの洗礼を浴び音と人、空間に触発され多種多様な音を吸収。 小箱から大箱、野外まで独自の視点で形成される有機的なプレイを続け、今を踊らせる。 トラック制作では幾つかのSkateDVDに楽曲を提供。2011年HOLE AND HOLLANDから発売したV.A『RIDE MUSIC』の収録曲「ANTENA」では、日本が宇宙に誇るALTZにもPLAYされ、 BOREDOMSのEYヨもMETAMORPHOSE 2012 でPLAYし、REDBULL主宰の RBMA RADIO にて公開され大きな話題となる。
2012/5月には『RIDE MUSIC』から待望のアナログ・カット、 MAMAZU - ANTENA - YO.AN EP EDITをリリース。 2013年は自身初となるMIXCD『BREATH』をリリースした。またアパレルブランドSON OF THE CHEESEやJournal StandardにもMIXを提供。 BLACKSHEEPのCOGEE . SUNGAとのライブユニット『DELTA THREE』ではSYNTHやSEを担当し、2枚のコンピレーションに楽曲を提供した。
http://hole-and-holland.com
http://mamazu.tumblr.com
https://soundcloud.com/mamazu
HOBOBRAZIL (Mamazu+Hobobrazil = MamaBrazil) |
01. NILE MAMABRAZIL RMX
DJ/Writer. Drawing from experiences wandering the world since his teens, HOBOBRAZIL writes articles for magazines such as Posivision, Spectator and Balance, whilst actively contributing to festivals and the outdoor party scene. He has been working as the resident life of the party for Bar Bonobo in Ura-Harajuku since its inception, DJing with vinyl he’s amassed since elementary school. HOBOBRAZIL spins any sound from a free genre collection- committed to the path of a melodious omnivore.The first mix cd " Yellow " was released last summer from Hole And Holland Recordings.

十代から海外放浪を続けた経験から、posivision、Spectator、Balance等の雑誌に寄稿すると同時に、野外フェスやパーティーの裏方としても精力的に活動。 裏原宿の奇天烈bar bonoboの盛り上げ役もオープンから担当すると同時に、小学生から集めてきたレコードを駆使してDJ活動も開始。 これはと思ったものをジャンルレスに奏でていく雑食DJを地味に追求中。2016年、Hole and Holland recordingsよりmix cd " Yellow " をリリース。
蜻蛉-TOMBO- | 02. HOMELAND TOMBO RMX
TRACK MAKER / COMPOSER based in Shibuya, Tokyo. After coming across DJ culture, he devoted himself to various music from house to techno, and started to make tracks for the influence of MCs and skaters around him. TONBO hosts a party called “TONBO MATSURI”, and a wide range of artists from jam bands to tap dancers, shamisen players, and Japanese drum players appear on stage. In the omnivorous party, TONBO gives a boost to the night of Tokyo by not only DJing but also holding a mic and playing the guitar. In Janurary 2017, he released the 1st album “TOKYO MAD CAVE” and got a great reputation.

渋谷を拠点に活動するTRACK MAKER/COMPOSER。 DJカルチャーに出会いハウス~テクノと幅広い音楽にのめり込むと同時に、 周囲のMC・スケーター達の影響でトラックメイキングを開始。 蜻蛉の主催する「蜻蛉祭」ではDJだけでなく、ジャムバンドやタップダンス・三味線・和太鼓など幅広いジャンルのアーティストが出演する。その雑食なパーティーの中でDJだけでなく、 マイクを握りギターも演奏し、東京の夜を盛り上げている.。2017年1月 1st Album “TOKYO MAD CAVE”をリリースし各地で好評得ている。

Web http://tonbo.tokyo
Sound Cloud https://soundcloud.com/djtonbo
You Tube https://youtu.be/mgtfUmC2Z1Q

CITY1 | 03. EARTH DANCE CITY1 RMX
Originating with Okinawan -tropical islander- soul, his organic bass sound impressively drags everyone into spiritual world. His powerful music is created by mixing the original soul sounds from all over the world such as Tribal, Afro, Reggae, Dub, Ethno, Gamelan, Salsa. His originative tracks got supported by top DJs of bass music in the worldwide influential radios, such as Rinse FM and SUB FM. In 2012, he was one of the members to create the Dubstep compilation album “1st Ascension.” It was created with only Japanese creators for the first time in Japan. In 2014, he took part in a bass music compilation album, “ASYLUM” by GURUZ . In 2017, with Dimness, Japanese producer, he created “Ghost” for Dimness’s EP. It was released from Subaltern Records (company in Switzerland).

地を這いずり回り大地を揺るがす重低音に南国特有のオーガニックな感覚で、トライバル、アフロ、レゲエ、ダブ、エスノ、ガムラン、サルサなど世界中の土着的なサウンドを チャンプルーした楽曲を鳴らし、フロアをスピリチュアルの渦に巻き込む。 そのオリジナリティ感の強いトラックが世界的に影響力のあるインターネットラジオRinse FMやSUB FMなど、 ベースミュージックシーンのトップDJからサポートを受ける。 2012年日本初の国内クリエイターのみのDUBSTEPコンピレーション「1st Ascension」に参加。 2014年 GURUZ RECORDS主催のベースミュージックコンピレーション「ASYLUM」に参加。 2017年 スイスのSubotage Recordsから国内プロデューサー"Dimness"との共作"Ghost"収録のEPをリリース。
CHIDA | 04. SHADOW DANCE CHIDA RMX
Revered after more than 20 years as one of the most respected DJs in Tokyo, Chida is front and centre in the exciting new wave of House and Techno DJs who are now finding fame around the world.
Learning his craft playing alongside legends like Masters at Work, and at Strictly Rhythm and Nuyorican Soul Label Parties, Chida is famed in his home country for his marathon sets which have been known to last well in excess of 12 hours. Since 2009 Chida has been running his label “Ene”, one of the most respected underground imprints amongst true house music aficionados, boasting a list of contributors including Prins Thomas, Eddie C, Man Power, Tiago, Lord of The Isles and homegrown Japanese talent such as The Backwoods, Cos Mes, and Sly Mongoose. Finally, after so much anticipation following his much sought after debut 12”, Danca, on ESP Institute, Chida is finally about to release more music, with originals and remixes due on both his own label, and several others in 2016. Respected and even, on occasion, name-dropped by such amazing DJs as Eric “Dr Dunks” Duncan, The Idjut Boys, Lindstrom, Mak E, Justin Vandervolgan, Andrew Weatherall , Soft Rocks, Discodromo and a whole load more, Chida is truly a DJ’s DJ. In this modern time where music production all to often takes precedence over true DJing craftsmanship, Chida remains that rarest of phenomena, a performer who has managed to carve out a global DJIng schedule purely from the merits of his sheer skill behind the decks.

(Ene/Mascaras)  アナログ・レーベル"ene"主宰。1993年よりレコード・レーベル に身を置き、国内と海外のアンダーグラウンド・ダンスミュー ジック・シーンを繋ぐ活動を続けるキーマンの一人。 1992年頃から国内の地下シーンでDJ活動を続けてきたが、2011年からは海外での活躍が目覚ましく、定期的にツアーを続けており、これまでに50都市以上のクラブやフェスでプレイしている。 2011年にLovefingers主宰ESP InstituteからCOS/MESとのスプリットヴァイナルとしてリリースされた処女作"DANCA"がAndrew Weatherallにヘビープレイされ、 彼のミックスCD「MASTERPIECE」(Ministry of Sounds)に収録された事をきっかけに本格的に音楽制作を開始。これまでにオリジナル作はESP Institute、 Nitelist Music、Jennifer Cardini主宰Correspondant等からリリース。 リミキサーとしてはCoyote, Ess O Ess, This Soft Machine, Bezier等の楽曲のリミックスを手掛け、また、COS/MESの5iveとプロデュース/DJユニットMASCARASでは、 ベルリンのDiscodromo主宰CockTail d’Amoreからリリースされた3枚組LPコンピレーションに参加。Jonathan KusumaやObalski、DisruteのRemixを手がけている。 現在、Mascaras、ソロ作共に制作進行中。秋には3度目の出演となるベルリンPanorama Barを含む2ヶ月間のヨーロッパツアーへ旅立つ。

Soundcloud
https://soundcloud.com/chida73
https://soundcloud.com/enetokyo

RA
https://jp.residentadvisor.net/dj/chida/dates

PART2STYLE | 05. SUFI PART2STYLE RMX
PART2STYLE SOUND is the Japanese Reggae based sound crew that is leading the scene in Japan. Their style is Dancehall Reggae's sound system style but also features a wide range of Bass Music. Genre's like Grime, Drum’n’Bass and to name a few. They have many specialized dubplate tunes and have been producing exclusive original tunes. As of 2011, PART2STYLE has turned their focus overseas and have joined the world's best and biggest festivals and parties. They started their own label called "FUTURE RAGGA" and recorded with popular artists in the world such as Daddy Freddy, Tippa Irie,Solo Banton,Charlie p,Mr.Williamz and many more. Tunes from this label have been played by big sound systems in Europe and even in radio stations all over. In 2013, they took 1st place in the Grime Online Sound Clash called “WAR DUB JAPAN CUP” in Japan and proved their strong presence in Japan.

国内最大のベース・ミュージック・フェス【OUTLOOK FESTIVAL JAPAN】のレジデントであり、クロアチアで行われている同フェス本祭にも6年連続出演。世界各国、 数々のパーティーやフェスティバルでプレイし、世界中のベース・ミュージック界のトップ・プレイヤー達から高い評価を受けている。ヨーロッパ・レーベルからのリリース、 自身のレーベル”FUTURE RAGGA”の楽曲は、ヨーロッパ各地で話題沸騰、数々のビッグ・サウンドやラジオでヘビープレイされる。国内においても【朝霧JAM】、【ULTRA JAPAN】、 【りんご音楽祭】をはじめ、多くのフェスに出演。日本初のGRIME プロデューサー オンライン サウンドクラッシュ【War Dub Japan Cup】優勝や、多岐にわたるアーティストのリミックス等、 存在感を示している。ダンスホール・レゲエのサウンドシステム・スタイルを軸に、あらゆるベース・ミュージックを取り入れた独自のスタイルで、プレイする楽曲の殆どは自作曲 やダブ・プレートなのが特徴のひとつである。 毎月第2、4月曜20:00~21:00のPART2STYLE RADIO(BLOCK.FM)も必聴!!

http://www.part2style.com/
DO SHOCK BOOZE | 06. IXTLAN DO SHOCK BOOZE RMX
DO SHOCK BOOZE (pronounced: Doushokubutsu) is the anonym of music project by DJ YOICHI HAYASHI who has built the career as rock band singer and guitarist since the late 90s. His tracks which have the scent of creative melody and ethnic taste are attributed by modern psychedelic tech house. He has been the talk of the scene from in and out of Japan with his active international gigs and releases from highly renowned labels such as honorable German label Traum Schallplatten, Beatfreak Recordings, Baroque Records of London, Bonzai Progressive of Belgium, and Aenaria Music of Holland. In 2013, he presented 12 inch vinyl records from his own label TOTEM TRAXX and it became an instant top sale and highly recognized in the industry such as music magazine in Germany De:Bug and so on.

In addition to DO SHOCK BOOZE's DJ style with high selection method conscious style where floor control is everything, live style which he only selects his own original remix tracks, freestyle play centering on ethnic rock, electronic, new disco etc. has called him a great reputation. As a guest mix, he has appeared in variety of popular radio stations such as official podcast of major labels, Proton Radio, Frisky Radio, Kollektiv K(Fukushima Pref.),DMiX(Oscar L)Insomnia.fm,Kiss.fm(AUS) and Framed.fm.

In May 2016, his original album “MODERNIAN” which featured his vocal, acoustic musical instrument, and electronic music was released simultaneously by long established honorable German label Resopal Schallware and his own label TOTEM TRAXX. His new vision was ambitiously sent out to the world. To celebrate the release, he plans to hold the intercommunion tour to the major cities of Japan and Europe.

His dream, the boundaries of all the living thing is broken by the melody, it continues until when it jumps over it along with the groove....

"YOICHI HAYASHI"の変名音楽プロジェクト『ドウショクブツ』。熊本県で過ごした少年時代は移動式スーパーと貸しレコード店というユニークな環境で様々な音楽と出会う。 90年代後半からロック~エレクトロ・バンド等で活動し、音楽感性を磨いていった。レイヴ・カルチャーの洗礼を受けてからは更に制作活動に没頭し、 ドイツの名門レーベルTraum SchallplattenやResopal Schallware、スペインのBeatfreak Recordings、ロンドンのBaroque Records、Capital Heaven、 ベルギーのBonzai Records、オランダのAenaria Tribal、オーストラリアのHypnotic Room、日本国内ではPlus RecordsやBass Works Recordingsなどのレーベルにライセンスされている。 2013年には自身のレーベル、TOTEM TRAXXから発表した12インチレコードがヒットを記録、ドイツの音楽雑誌 De:Bugなどから多くの評価を集めた。 その後、リリースされた作品は世界最大のダンスミュージック・ストア「Beatport」のプログレッシヴハウス、テクノ、レゲエ/ダブといったヒットチャートのTOP100にもコンスタントにランクイン。 自らがそれらアーティストの音楽、アートワーク、ヴィジュアルなどその全てのクリエィティヴを監修し、レーベルのブランディングを構築し続けている。Guest Dj Mixとしては、 主要レーベル公式のポッドキャストの他、Proton RadioやFrisky Radio、Insomnia.fm、Framed.fm、Kiss.fm(AUS) 、Kollektiv K(Fukushima Pref.)、 親交が深いOscar L主宰のDMiXなど多数の人気ラジオ局からONAIR。これまでにヨーロッパや東南アジアでの海外遠征も経験する。2016年、自らのボーカルや生楽器、 エレクトロニックミュージックをフィーチャーしたオリジナルアルバム『MODERNIAN』を発表。2017年にはベルリンの老舗レーベル、Resopal Schallwareから12インチEPカットのリリース、 J.A.K.A.M.ことJUZU a.k.a. MOOCHY(日本)とのコラボレーション、4ヵ所を回るヨーロッパツアーを開催。DO SHOCK BOOZE (Doushokubutsu) の使命は、 トライバルのスリル感とサイケデリックな浮遊感に包まれながらも、伝統的サウンドの耽美さとテクノの本質を失わないダンス・ミュージックを提示することである。
YO.AN | 07. PRAY YOAN RMX
2009年に1stアルバムをHOLE AND HOLLANDよりリリース。2011年に発売されたV.A『RIDE MUSIC』では自身の楽曲の他にYOKOYOKO、MamazuのEDITを手掛け、 BOREDOMSのEYEなど多数のDJによってプレイされる。2016年に待望のソロ名義では初となる12inch『GNAH EP』をリリース。スケートボードやCM音楽をはじめとする様々な 映像作品のサウンドトラックも制作し、DJとしては都内を拠点にBarからレセプション会場、来日アーティストのサポートまで各地の現場でプレイしている。
SAIDRUM | 08. EARTH DANCE SAIDRUM RMX
MIX : TAICHI
SAIDRUM is the electronic beats musician who performs the live which was conscious of the style of Japan.SAIDRUM started making music in 1996, and released his first single「MATADOR」in 1999. he took part in many parties which were held when some foreign artists like MONOLAKE, COMPANY FLOW, MAD PROFESSOR and CARL CRAIG visited Japan.In December 2001,he was invited to the festival batofar tokyo in France, his dub-wise sound-manegement,interpreted by his unique view,make him possible to continue to create the original sound space. And in 2004, five years have passed since debut single was released, his long-awaited first full length album『deadpan rhythm』will be finally released. SAIDRUM's sound making , which is possible for only him ,links up various music genres like break beats,dub,techno and electronica, and has matchless individuality.It isn't too much to say that such a sound spins the devilish grooves and sucks us in hypnosis as we listen to it.

東京生まれ。Breakbeats、Techno、Dub、民族音楽...様々なジャンルのエレメンツを取り込みディープなリズム・サウンドを追求するエレクトロニクス・ミュージシャン。 1999年Revirthよりファーストシングル「MATADOR」をリリース。その後Karafuto、O.N.OによるRemix含む計6枚の12inchシングルを発表している。 2004年にファースト・アルバム『deadpan rhythm』をリリース。これまでにDJ BAKU、MOOCHY、DJYOGURT、KINETICのベーシスト千葉広樹等のリミックスに参加。 DRACO(NUMB+SAIDRUMvs吉見征樹+井上憲司)での活動も新しい。
CMT | 09. INTERNAL VISION CMT RMX
CMT With his original playing style backed by storytelling ability and mixing skill, CMT is a pioneer in the alternative dance music scene. His party "POWWOW" is held in Osaka and other cities throughout Japan. He has played at various parties and festivals in Japan as well as in countries such as the US, Australia, UK, Vietnam and Russia. He also has released original tunes, remixes and mix CDs through various labels. The series of mix CDs he has been releasing to rave reviews through his own DIY label "SBM recordings" are called "movies that you listen to" by some because of their power to evoke stories in listeners' minds.

HOUSE、DISCO、TECHNOを軸に豊かなストーリー性とミックススキルに裏打ちされたオリジナルなプレイスタイルでオルタナティブ・ダンスミュージックの新たな地平を開拓。 2017年に10周年を迎えた主宰 / レジデントパーティ、”POWWOW”を各地で開催。 その活動は国内パーティ / フェス等に留まらず、これまでにアメリカ、オーストラリア、イギリス、ロシア、ベトナム等海外でもプレイ。 現在までにBLACKSMOKER RECORDS、GRASSWAXX RECORDINGS、AVEX ENTERTAINMENT等様々なレーベルからオリジナル / リミックス12インチ、MIXCDを発表。 中でも自身が主宰するDIYセルフレーベル”SBM recordings”からリリースされているMIXCDシリーズは、幅広い層から絶大な支持を得ている。 2017年、初の別名義プロジェクト”CHAM”での非ダンスミュージック楽曲リリース開始。

http://www.sbmrecordings.com
https://xxchamxx.bandcamp.com
J.A.K.A.M. = JUZU a.k.a. MOOCHY | 10. SALAAM J.A.K.A.M. RMX
Additional productions :
Voice : Zeke Nealy , Ngoni : Seitaro Mine , E Piano : Takumi Kaneko ,
Violin : Kyoko Oikawa , Sax : Takehide KIDS Hashimoto
DEPEND ON YOU by Zeke Nealy
I can always depend on you no questions asked no long commentaries or tired assed lectures or backstabbing jabs within earshot no more hating or jealous disrespect, the path of my life is made easier, your lovely eyes understand your heart of bubbling compassion frees me from the tormentors of the daily grind, I can always depend on you when asphalt concretes my feet, when sirens of madness plow the bloodstained street, when I tire of holding up the wall, when life becomes a big overwhelming blur,I can always depend on your divine acceptance and the radiance of your unmitigated love...
Native of Tokyo, has been one of the leading figures developing music scenes in Japan from the early 90s as a DJ, producer, label owner and a band member. He has been exposed to all genres of music from house, hip hop, drum&bass, techno, reggae, jazz, rock to world music. He combines these inspirations and turns them into a sound that's sort of a fusion of early stage tribal house and world music with a touch of tribal vibes. His one of a kind music offers the most unique experience on a dance floor. From his travel around the world, recording music and DJ, he has extended his fans on both sides of the decks, listeners and artists.

Both listeners and artists alike admire his work in Japan. From contemporary to roots, he delves into new visions of sound and conjures something new.

He's releasing many works from his label Crosspoint & these labels:
Grand Royal,Werner Japan,Bacteria Sour,Comma,Sound Channel,Natural Resource,Motech,Sacred Rhythm,&Malka Tuti.

10代からバンドとDJ両方の音楽活動を並行して始め、スケートボードで知り合ったメンバーで結成されたバンドの音源は、90年代から国内外のレーベルからリリースされる。 DJとしても革新的でオリジナルなスタイルが一世を風靡し、瞬く間に国内外の巨大なフェスからアンダーグランドなパーティまで活動が展開される。 ソロの楽曲制作としても米GRAND ROYALからのBUFFALO DAUGHTERのリミックスを皮切りに、BOREDOMS等のリミックスも含めメジャー、インディー問わず様々なレーベルからリリースされ、 電子音楽、インプロビゼー ション、民族音楽、そしてあらゆるダンスミュージックを内包した作品群は、キューバを皮切りに世界各地のミュージシャン達とも録音され、 新たなWorld Musicの指針として、自ら立ち上げたレーベルCROSSPOINTから精力的にリリースされている。近年は音楽制作のみならず、映像作品、絵本や画集 のプロデュース、 また野外PARTY,ONENESS CAMP"縄文と再生”を企画するなど活動は多岐に渡る。2015年から始まった怒濤の9ヶ月連続ヴァイナルリリースは大きな話題になり、 その年末にはCD2枚組のソロ4作目のアルバムをリリース、その影響でベルリン/イスラエルのレーベルMalka Tutiから12インチヴァイナルがワールドワイドにリリースされる など海外でもその余波が広がる。

http://www.nxs.jp
Facbook http://soundcloud.com/crosspoint-1
http://crosspointproception.bandcamp.com

GROUND(Chill Mountain) | 11. LIGHT GROUND RMX
MASTERING : KABAMIX
2003年頃より今は亡き大阪Club FireFlyにてDJ活動を開始。 国内外各地大小様々なCLUB、LIVEHOUSE、BAR、CAFE、フェス、神社、トンネル、TV展望台、ドイツ(ベルリンのイリーガルCLUB&リーガルCLUB、ケルンの牧場、ハンブルグ、ミュンヘン)、 ハンガリーブダペストの4D SOUND、ポーランドの川辺クラブ、南フランス、タイ、韓国、を巡業。 楽曲制作では国内外問わず様々なスタイルの楽曲、REMIX作を提供&リリース。

Mostexcellent(NY)/MultiCulti(Ca)/SVS(Germany)/
Pingipung(Germany)/Fertildiscos(Buenos Aires) /Frente Bolivarista(Brazil)/RNDM(Costa Rica)/Tropicaltwistarecords(São Paulo)/MagicWand(UK)/Sounds and Colours(UK)/BOOMARM NATION(US)/ Bokeh Versions(UK)/ Regional(Chile)/Hole and Holland(Tokyo)/Blacksheep(Tokyo)/
ChillMountainREC(Osaka)/Rastafe Records(Osaka)

今年春にはドイツ人ARTIST(Bartellow)との共作(SHIROI UMA EP)をドイツ、イギリスを主体に活動するSVSレーベルよりリリース。 昨年に続き今夏もEUツアーを遂行。 Berlinで行われたVoodoohopではオーディエンスから拍手喝采を獲得。 8月にはカナダ バンクーバーの大型フェスShambahara Music Festivalに日本人として初の出演を果たした。

http://chillmountain1.bandcamp.com/album/tumulus
https://soundcloud.com/dj-ground
http://djgroundjapan.wix.com/ground13
MACKA-CHIN | 12. NEW DAY MACKA-CHIN RMX
東京都足立区出身。NITRO MICROPHONE UNDERGROUNDのメンバーとして活動し、ラッパーとしてはもちろん、アーティストへの楽曲プロデュースやトラック制作などもこなすアウトプット ディレクター。 ソロ活動ではトラックからラップまで全て一人で創るスタイルでジャンルの壁を越えHIP-HOPにとどまらず他のジャンル界からも話題にな る作品を発表し続けている。 メジャーレーベルからのセルフプロデュースのソロアルバム(Victor Music,EMI records)の他、MACKA-CHIN名義でのDVD作品やスケボービデオのサウンドトラック集、 HP(NIKE,DAIWA,UNITED ARROWS etc)音楽、CM(寿月堂 etc)音楽など多岐にわたって制作している。2013年には楽曲プロデューサーにGRUNTERZを迎え、 自身初となるラップだけに徹したアルバ ム"incompleteness theorem"を発表し日本のHIP- HOP/RAPシーンから話題を集めた。2014年には"心が落ち着く音楽"をテーマに掲げ、 架空の映画のサウンドトラックアルバムとしてアンビエントア ルバム"静かな月と夜"を術ノ穴レーベルから発表。オリジナリティ溢れる作品はアート作品としても話題になり各業界からも注目され話題に。 2016年10 月には全国各地から9組14名のアーティストを客演に迎えた初のPRODUCE ALBUM "MARIRIN CAFE BLUE"を発表。TRACK MAKERとしても改めて高い評価を得る。 またソロ以外の活動も活発でMABO(MACKA-CHIN+DABO)や MONTIEN(SUIKEN+TINA+MACKA-CHIN)、東京弐拾伍時(DABO+MACKA-CHIN+SUIKEN+S-WORD)として コンビを組み多くの作品、 アルバムを発表。DJの活動も忙しく、グルーブで繫ぐ幅広い選曲はジャンル問わず様々なイベントやフェスに数多く呼ばれ、制作に LIVEやDJと全国を数多く飛び回っている。 DJ名義ではBLACK SMOKER RECORDSからのリリースやアパレルブランド(BACK CHANNEL etc)等とのコラボレーションCDでも数々の作品を発表している。 音楽以外の活動ではイベントオーガナイズやフリーペーパー等の執筆連載、MUSIC VIDEOの監督などマルチに才能を発揮。色んな意味で目が離せないMCであり、プロデューサーであり、DJであり、 ビジュアルクリエイターである。
MEVIUS | 13. NIGHT SAIL MEVIUS RMX

Secret…
BACK