PARTY INFO

ARTIST PROFILE

JUZU a.k.a. MOOCHY ( NXS / CROSSPOINT )

代替えテキスト 東京都出身。10代からバンドとDJ両方の音楽活動を並行して始め、スケートボードで知り合ったメンバーで結成されたEvilPowersMeの楽曲はUSAパスヘッドのレーベルからもリリースされる。DJとしてはその同時期90年代中期、今や伝説化したパーティーRHYTHM FREAKSのオーガナイズ及びレジデントDJとして一世を風靡し、瞬く間に国内外の巨大なレイブからアンダーグランドなパーティーまで活動が展開される。同時にメジャー、インディー問わず様々なレーベルからの楽曲のリリース、ボアダムス等のリミックス等多数制作される。また不定形バンドNXSのリーダーとしても活動を展開、その楽曲や存在そのものが様々な形で国内外で影響を与える。電子音楽、インプロビゼーション、民族音楽、そしてあらゆるダンスミュージックを内包したソロ作品群は、日本全国各地に点在する志高き音楽家達のみならず、キューバ、ハワイ、ベトナム、ジャマイカ等で現地のミュージシャン達とも録音され新たなWorld Musicとして作品がリリースされている。

http://www.nxs.jp
http://www.myspace.com/juzuakamoochy
http://twitter.com/Juzuakamoochy


<SPECIAL FORCES MEMBERS>

Latyr Sy

代替えテキスト セネガルゴレ島出身。10歳からアフリカンドラムを演奏し始める。1998年、トラディッショナルパーカッションバンド「Africa Djembe」を結成し、ソリスト、リードボーカル、リーダーとして活躍。ネルソンマンデラコンサート、ゴレ国際パーカッションフェスティバル、サッカーアフリカカップ、2002年サッカーワールドカップの開催式典・サッチャー首相やミッテ ラン大統領等の歓迎式典など、世界各国の首相・VIPの歓迎式典や公式式典で多数演奏。 1995年来日。自らのパーカッショングループ「Africa Sunu xelcom」を結成 1998年、キューバ日系移民100周年記念行事で公演。韓国で開催された 「International Jazz Festival」で公演 2000年、フランス・ドイツ・エジプト・韓国など、各地で公演 2001年、アメリカワシントンDCのスミソニアンミュージアムにて、狂言師 野村万之丞と競演 2001年2002年2003年、African Festaに「Africa Sunu xelcom」で出演 2005年、愛・地球博に参加。The 14th World Samulnori Competition & Festival in Buyeoの出演 パーカッショニストとして、白井貴子・オリジナルラブ・LEYONA・林明日香のバンドや、作曲家のHAGIとのコラボレーションユニット「moonBow」、flying rhythms・likkle Mai等とのライブ演奏やレコーディングに参加。最近では、studio apartmentの新曲SIARREに参加している。そのほかにも、Bird、ママディ・ケイタ(ギニア)、大倉正之助(能 大鼓)、仙波清彦(dr perc)、金大換(韓国)、カンサネ(韓国)、キムドクス(韓国)、リコ・ロドリゲス(ジャマイカ)、Lee tschtee(韓国)などの数多くのアーティストと共演。レコーディングやコンサートツアーに参加し、民族音楽・ラテン・ジャズ・ロックから日本の古典芸能に至るまでの幅広いジャンルで活躍している。日立、SAPPORO、HONDA、丸ノ内製薬、ヤマダ電機等の数多くのテレビコマーシャルの音楽を製作。NHK教育テレビ、ニュース23、世界まる見え、ソロモンの王宮などのテレビ番組にも多数出演。また、アフリカンパーカッションのワークショップや、全国の小中学校にてアフリカの音楽と文化を紹介するなど、アフリカ音楽と文化の普及に大きく貢献している。

http://www.latyrsydiaspora.com

及川景子(おいかわ きょうこ)アラブ・オリエンタルヴァイオリニスト

代替えテキスト 音楽の源流、魂の音楽をもとめ、たどり着いた中近東の音楽手法に傾倒。クラシックヴァイオリンを岡洋子氏に、アラブヴァイオリンをベシール・セルミ氏に師事。アラブ、トルコ、ギリシャ、フラメンコ、ロマからクラシック、ロックまで、多ジャンルに渡って様々なユニットで演奏する傍ら、アラブ音楽ユニット「Horus Ensemble(ホルス・アンサンブル)」、トルコ音楽ユニット「Mavi Gunesh(マヴィ・グネッシュ)」を主宰。また、オリエンタルダンスと音楽のユニット「El Hykaya(エル・ヒカヤ)」、「月の砂漠-tsukinosabaku-」などで踊りと音楽のコラボレーション、オリエンタル音楽のCD解説などで幅広く活動しながら、オリエンタル音楽とヴァイオリンの表現の可能性を発信し続けている。

http://members3.jcom.home.ne.jp/manipadme/

三根星太郎

代替えテキスト 1980年生。幼少の一時期を中国で過ごしたことが感覚の中に豊かな異国情緒を育む。高校生の時にギターに出会い、ジミ・ヘンドリックスの サイケデリックで飽和状態なギタープレイと、レゲエやダブの持つ 絶妙な「隙き間」に魅せられ、一見相反する2つの要素をミックス したプレースタイルを日々探求中。2000~2009年は犬式のギタリストとして2003年のFUJI ROCKはじめ、日本各所で伝説的なライヴを行う。バンド活動停止後はアフリカンバンドThe Tchiky’sのほか、鎮座DOPENESS AND DOPING BANDや山仁(元Loop Junktion)とのユニット、アコースティックス&ソウルギャング等で活動中。また2009年にはFISHBONEのフロントマンAngelo Mooreのソロ名義であるDr.MaddvibeのJapan Tourのギタリストを務める等、様々なジャンルのミュージシャンと日々セッションを重ねている。

Kenji Ikegami

代替えテキスト 熊本県出身。15歳、熊本indigoにてDJを始め、日々様々な音楽体験をし、DJやレコードの世界に魅了される。その後、世界各国から買い付けをする福岡のレコード店TICRO MARKETにて働きながら福岡AIRなどでWARLD MUSICを軸とした選曲でDJ、Partyを行う。2001年から東京に移住し、London~Tokyoをベースにしたレーベル「Audio Sutra」に加わり、活動の場を広げる。DJの他にレーベルスタッフとしても活動する中、虚無僧の尺八の音に出会い衝撃を受ける。以降、音楽の表現方法をDJから尺八に変え、百銭会主宰、善養寺恵介に師事。寺での座禅や献笛、百銭会メンバーとして国立小劇場、日本橋公会堂、紀尾井ホールなどの舞台で演奏する他、Club.Bar.野外イベント等にも出演。また、2008年にAUDIO SUTRA SOUND feat 12inchシングル「Assassin」をRUDIMENTSよりリリースする。2010年にはJUZUのアルバム「MOVEMENTS」に参加。現在、PCと尺八による自身の音源もJuzu a.k.a Moochy主宰のレーベル「Proception」よりリリースを予定している。

大竹重寿(cro-magnon)

代替えテキスト 東京都町田市出。歴史好きの36歳。cro-magnonドラム担当。1995~1999に過ごしたボストンにてヒッピーカルチャー、レイブカルチャーに出会う。帰国後Loop Junktionとして活動し、活動停止後にcro-magnonとして活動を開始。現在日本、アジア、ヨーロッパと活動の範囲を広げている。




DJ KENSEI

代替えテキスト 東京都出身。87年からDJを始める。80年代後半から90年代にかけて主にCLUB DJとして国内外の数々のCLUBのオープニング、レジデントDJをほぼ毎週ペースで行う。同時期にHIP HOPのDJとしても数々のイベント出演、海外アーチストとの競演 自身のユニット(GBC、MK FRESH DEF MESSENGERS)での制作も始める。ライブも積極的に行い数々の作品をMIX TAPE、CD 、12"などでリリースする。90年代中盤以降からHIP HOPをルーツにしながらも音楽表現の幅を広げていき、DJのみならず、サウンドトラックの制作やファッションショーの選曲や演出、VJや舞台の音楽、オーガナイザーなど経験。そしてライブミュージシャンとしてもターンテーブルやCDJ、DRUM MACHINEやLAP TOPなど使い積極的に様々なアーチストとセッションこなす事によりさらに音楽性の幅を広げ、2000年以降'INDOPEPSYCHICS'ではジャンルの事なる様々なのアーチストのREMIXやコラボレーションを現代のテクノロジーで表現 、'FINAL DROP'や'BANANA CONNECTION'では屋久島やハイチに行き音楽を通じて環境問題や貧困問題などの多くの社会問題を伝えたりフィールドレコーディングの楽しさを伝えた、'NUDE JAZZ'ではDJ vs ミュージシャンの究極のデュオとしてORGANISTのKANKAWAとエレクトリックインプロヴィゼイションライブ、DJ KENSEI&QUIETSTORMやKEMURI PRODUCTIONSではDJ同士のセッションの楽しさ、OUTERLIMITS INC.,COFFEE&CIGARETTES BANDなどは本来の意味でのCLUB的フリーなDJ MIXを常に現場で行っている。現在PCを使ってベーシックなDJを追求中。最近の作品はOFFICAL MIX CDシリーズ 'JAZZ LOVES DUB'をRUDIMENTSから発表している。

http://djkensei.com

MACKA-CHIN (NITRO MICROPHONE UNDERGROUND)

代替えテキスト NITRO MICROPHONE UNDERGROUNDのメンバーであり、ソロやユニットでも活動。DABOとのユニット「MABO」や、シンガーTinaとSUIKENとのユニット「MONTIEN」としても多くの作品を発表。ソロ活動ではVictorやEMIからアルバムを4枚リリース。このほかDVD作品やHP、CM音楽、MIX CDなど多岐にわたって制作。自身の作品やユニット以外にも、NITROやNITROソロメンバー、TWIGYなど多くのアーティストの楽曲をプロデュースし、プロデューサー・トラックメーカーとしても活躍。またイベントオーガナイズ(CHACKA SPLASHなど)や、最近では新木場agehaの人気イベント「FEVER」でのレギュラーイベントにおいてジャンルレスな選曲が話題を呼び、DJの活動も多く活発にこなす。色んな意味で目が離せないMCであり、プロデューサーであり、DJであり、ビジュアルクリエイターであり、アーティストである。

http://www.macka-chin.com

Toshio Bing Kajiwara

代替えテキスト 90年代のNYで旧式のレコード・プレーヤーやテープ・マシンを駆使した独自の音楽活動と、即興パフォーマンスを軸とした多数の実験型イベントを企画運営。後にクリスチャン・マークレイ・トリオのメンバーとして数年に渡りツアーするなど演奏家としての経歴も多数。またカルト的中古レコード店“A-1Record Shop”に13年間に渡り勤務、世界の珍盤の再評価に貢献する。2008年に帰国した後は、東野祥子との舞台作品の制作活動を中心に、国内外でパフォーマンスやDJの活動を展開している。

www.thegodsarecrazy.com

CHIDA (ene/DANCAHOLIC)

代替えテキスト 仙台出身。1992年頃から全国各地の地下にてDJ/PARTY活動を続ける。2009年4月からは、国内産のグッド・ミュージックを世界に発信すべく、レーベル〈ene〉をスタート。現在までに3アーティスト(PSYCHOGEM/桑田つとむ/The Backwoods)のデビュー・アルバムと、5枚の12"をリリース。

http://dancaholic73.blogspot.com
http://enetokyo.blogspot.com

sati. (HUEMM)

代替えテキスト Koichiro Watanabeの映像プロジェクト。05年、koss "ring"のアートワークを手掛け、ライヴの際に映像を初披露。福岡を中心に活動し、現在の抽象的ポップスタイルを確立。グラフィックデザインの要素を落とし込み、これまでに培ってきたヴィジュアル感覚と繊細な色使いで空間演出をする。近年、Juzu a.k.a. Moochy氏のライヴ映像を担当。拠点を東京へ移し、様々な出会いや経験を重ねながら新たな動向へ。
www.myspace.com/satiii

The Tchiky’s

代替えテキスト 今や伝説となりつつあるバンド、犬式a.k.a.Dogggystyleを離れ、新たな音の旅に出た三根星太郎(G)と石黒祥司(B)。 二人が共に盟友である、吉祥寺村村長、ラティールシー(Per.vo)との音の邂逅により辿り着いたのは、熱いアフリカのサバンナに響き渡るリズムと歌。 ファーイースト、東京にあって、世界に通用するアコースティックアフログルーヴユニットとして各地でその熱いパフォーマンスが話題沸騰中!

www.myspace.com/thetchikys

坂田淳 a.k.a 東京月桃三味線

代替えテキスト 独自の視点と哲学を持って日本の伝統楽器である三味線と向き合う現代民俗音楽家。東京を中心に世界各地の様々なステージでライブ活動を行う傍ら、路上や自然の中での演奏をライフワーク、修行の場としている。三味線本来の持ち味である生音での演奏の他、PAシステムを必要とする場所では電化した三味線にDUBの手法を用い、生音が持つ宇宙的な響きをデフォルメして表現している。楽器と一体と成ってエネルギーを紡ぎ万物に祈りを捧げるライブ、作品における唯一無二の世界観、様々なアーティストとのセッション等を通して伝わる音の波紋は、あらゆるジャンルの垣根を超え広がっている。人々が自然の恵みに感謝し、音楽、アート、農、食、等を通して創造し紡ぎ出すエネルギーが大きく和して循環する事を願い、毎月、街の寄り合い『Cosmic Jam Village 月桃村』を主催する百姓見習い。

www.myspace.com/tgsjapan

KENJI IKEGAMI

代替えテキスト 2004年探し求めていた音、虚無尺八に出会い、善養寺恵介(百銭会主宰)に師事。以降、虚無尺八をライフワークとし、宇宙~地球をコンセプトに寺での座禅や献笛、百銭会メンバーとして国立小劇場、日本橋公会堂、紀尾井ホールなどの舞台で演奏する他、Club、Bar、野外イベント等にも出演。また、2008年にAUDIO SUTRA SOUND feat 12inchシングル「Assassin」をRUDIMENTSよりリリースする。2010年にはJUZU a.k.a. MOOCHYのアルバム「MOVEMENTS」に参加。
www.myspace.com/kenjiikegami

サラーム海上(うながみ)

代替えテキスト よろずエキゾ風物ライター/DJ/和光大学オープンカレッジぱいでいあ講師。明治大学政経学部経済学科卒。「エキゾ」とは「ココでないドコか」そんな何処かへ連れて行ってくれる音楽や料理や風物を求めてあっちこっちにフラフラと。伝統音楽と現代音楽の出会いをテーマに、中東やインド、ヨーロッパを定期的に旅し、現地の音楽シーンをフィールドワークし続ける。著作に「プラネット・インディア インド・エキゾ音楽紀行」(河出書房新社)、「エキゾ音楽超特急 完全版」(文化放送メディアブリッジ)。AMラジオ文化放送「くにまるジャパン」に隔週水曜出演。クラブDJ、和光大学オープンカレッジの講師、上毛新聞「視点オピニオン21」委員としても活躍中。よろずエキゾ風物ライター/DJ/和光大学オープンカレッジぱいでいあ講師。明治大学政経学部経済学科卒。「エキゾ」とは「ココでないドコか」そんな何処かへ連れて行ってくれる音楽や料理や風物を求めてあっちこっちにフラフラと。伝統音楽と現代音楽の出会いをテーマに、中東やインド、ヨーロッパを定期的に旅し、現地の音楽シーンをフィールドワークし続ける。著作に「プラネット・インディア インド・エキゾ音楽紀行」(河出書房新社)、「エキゾ音楽超特急 完全版」(文化放送メディアブリッジ)。AMラジオ文化放送「くにまるジャパン」に隔週水曜出演。クラブDJ、和光大学オープンカレッジの講師、上毛新聞「視点オピニオン21」委員としても活躍中。

http://www.chez-salam.com/

HEMO+MOOFIRE

代替えテキスト 東京・渋谷を拠点に、日本全国はもとより、ジャマイカやトリニダード&トバコなど、レゲエ、ダンスホール、ソカの本場までを活動の場としている世界でも珍しい女性二人のサウンド・システム。2001年にセレクター/MCのMoofire (東京出身)とセレクターのHemo(高知出身)で結成、各地のクラブでプレイを軸に、ラジオ番組への出演や、ダンス・ヴィデオや音源の制作など、その活動は多岐に渡る。02年にレーベル、Bacchanal45 Records(バッカナル・フォーティファイブ)を本格的に始動。リディム(ヴァーカルを入れる前にトラック。レゲエでは同じリディムを使って複数アーティストの曲を作る)の制作を手がけ、<Diwali>で注目を浴びる直前だったレンキーを起用した<Escape>を第一弾リディムとして発表。これをまとめたアルバムはインディーズからの発売であったにもかかわらず、50000枚のセールスを超える。このリディムを使用したKEN-Uの「DOKO」はモンスター・ヒットとなり、それまで大手レコード会社とまず契約して全国的に売り出す、というジャパニーズ・レゲエの定石をひっくり返した。その後は、乃木坂にCLUB CACTUSをOPEN、更に音楽を探求中!

http://www.hemoandmoofire.com/

Shhhhh

代替えテキスト 活動の拠点でもある東高円寺GRASSROOTSでの名物パーティ“濡れ牧場/N.R.B.K.J”をCMT、UNIVERSAL INDIANNと共に不定期開催。毎月ゲストを変え、“SUNHOUSE“を開催。 数々のパーティを渡り歩き、伝説のパーティ“SUN”のオーガナイザーとしても知られる。“FLOWER OF LIFE”、“FUTURETERROR” 、“POWWOW”、”eleven.”らの最重要アンダーグラウンドパーティでDJそして2010年3月より、”DOMMUNE”へ参戦。BURNING MANからサラエボまで、世界をたまには放浪し、 近年では独自の視点に基づいた新し過ぎる解釈のワールドミュージック発掘活動が評価を得ている。それらの音を吸収したPARADOXXXXなFREE STYLE GROOVEを独自に追究中。南米アルゼンチンの摩訶不思議 レーベル=LOS ANOS LUZDISCOSの音源をライセンスしたコンピレーションCD「ウニコリスモ」の選曲 /監修を担当。又、JUZU a.k.aMOOCHYのレーベル、”PROCEPTION”より二枚のMIX CDをリリース。

http://www.myspace.com/shhhhhsunhouse

Q (GRASSROOTS)

代替えテキスト 東高円寺の桃源郷レゲエ・バーNATURAL MYSTIC育ち。「MUSIC LOVER ONLY」を掲げる音楽和みどころ人間交差点、音楽酒場代表。

http://www.grassrootstribe.com
http://insideman-q.blogspot.com

HAJIME OISHI(EL PARRANDERO)

代替えテキスト Shhhhh、NORIO SHIMIZUとの「DESCARADO!」(吉祥寺CHEEKYにて不定期開催)のほか、下北沢MOREや久米川FOGGYをホームに、中南米~カリブ~バルカンを中心にした祭り音楽の数々を酔いどれ気分でミックス。海外で直接DIGってきたマージナル・ビーツ音源によってフロアを田舎祭りの会場へと一変させる。本業である文筆家としては各種音楽雑誌やライナーノーツで原稿執筆中で、4月には初の著作「関東ラガマフィン」も刊行されたばかり。異国の地で味わう酒と音楽を最高の楽しみとする、重度の旅中毒野郎。来年初頭からは南米コロンビアに長期滞在予定。

Dai

代替えテキスト 74年生まれ、寅年。10代半ばの頃、当時下北沢にあったclub ZOOにてsoul,funk,discoなどの音楽に影響を受け渋谷dj bar inc-stik にてdj活動を開始。98年、エレクトロfunkのレーベル『killerrecordings』の立ち上げに参加し楽曲制作を始める。同年、コンピレーションアルバム『the alubam 01』をリリース。00年、sound-channelのdol-lopとing recording のrev と共に春海埠頭にてfree party 『TIGER』開催。同時にTIGER名義で楽曲制作やDJ UNITとして活動する様になり、日本各地の様々なpartyに参加する。最近では日常的なLife Styleの中に響く質の高い音楽を中心としたコミュニティーの再構築を目指し、生まれ育った地元である下北沢に戻って活動中。FORTEを中心に、8月からは平日のレギュラーparty 茶澤音學館も開始。

http://forte-music.blogspot.com

TANiSHQ

代替えテキスト 〈砂漠の黄金/宝石〉という名を持つオリエンタル・ベリーダンサー& インストラクター。 99年より東京、エジプト・カイロで学び、経験を積む。 03年からの5年間は国際的ダンサー Mishaal主宰のベリーダンス・アンサンブル、サマンヨルの一員として 活躍。フジロックなどの大規模イヴェントからアンダーグラウンドなク ラブ・パーティー、各地のショウやワークショップ、映画、DVD TVなど、その活動範囲は多岐に渡る。オリエンタル音楽とダンスのユ ニット「月の砂漠」としてのライブやL?K?O、LUVRAW&BTB The Tchiky’s、櫻井響らミュージシャンとの競演も多数。 妖艶な色香を振りまきながら、あらゆる空間を瞬時のうちに異空 間へと変貌させるゴージャスかつエモーショナルなステージが注目を集 めている。東京の片隅に咲いた夜の華。


http://www.tanishq.jp/

Satri

代替えテキスト その瞬間の音にゆだねて踊る、瞑想的アンビエント・オリエンタル即興舞。ベリーダンスを軸にトライバル、ジプシー、ファイヤー、インド舞踊などをフュージョンした即興パフォーマンス活動を展開中。様々な表現活動に触れることで感性を磨き、また世界の文化や儀式、音楽、小説、また自然からインスピレーションを得つつ、踊りの旅はまだまだ続く。


http://satri.jp

Syunoven

代替えテキスト 会津若松出身。スケートボード、ヒップホップから学んだ路上の創造性と、自身のルーツや内的深層が絡み合った一種独特の作品を現す。最近ではJUZU a.k.a. MOOCHYの12inchのアートワークを務めるなど音の現場との関わりも深い。仙台在住。

WITNESS

代替えテキスト 福岡在住のペインター/デザイナー。自然や宇宙、建築物などから色彩・造形の影響を受け、マスキングテープを使いキャンバスを織り込む。MAHINA APPLE BAND「ainoiro e.p.」CD/12インチ e.p.のアートワーク、JUZU a.k.a. MOOCHY「MOVEMENTS」・「TOKINOKAWA」のトータルデザイン、アートワークを手がける。最近ではANTI SYSTEM PRODUCTSとコラボレーションしたペーパーバッグを発売。親不孝通club BASEにて毎月開催している「EYECON』を中心に活動中。